「マンガ 自営業の老後」を読んでみました。クリエイター系自営業におすすめの老後本。

kindle本

フリーランスのイラストレーターである上田惣子さんが老後のことを考えてお金のことを学んでいくという漫画本です。

  • 制作寄りのフリーランス
  • お金のこととか税金手続きとか考えるだけで頭が痛くなる
  • 確定申告一応やってるけど、実はよくわかって
  • お金についてなにも知らないまま来すぎて、今更誰に聞けばいいかわからない
  • 仕事がなくなる日や働けなくなる日が来るんじゃないかと不安

という人にはとても勇気が湧く本です。

私の周囲を見回すと、フリーランスのクリエイターやライターさんはお金のこととかを考えるのが苦手な人が多い印象があります。

「蓄財・節税なんて意味わかんない、働けなくなるまで働くだけさ」とハナから思っている人も多そう。

でも、この本はそういった人にこそおすすめしたい本なのです。

なんといっても、作者さんがこの本を書くに至るまでの経緯が、フリーランスなら誰しも体験しそうな状況(病気〜休養からの仕事減少)からきたものなので、「ぐいっ」と読まされるものがあるんですよね。。

将来への漠然とした不安って、完全には取り除けないまでも、「よし、当面これでいくか!」という方針を組むと不安が減って、仕事に集中できますし、お金にまつわるあれこれも早いところ方針決めておけばのちのち楽だなと思うんです。

まず、「自分にとって理想の老後を想像してみよう」っていうところから始めるのですが、この点も、フリーランス向けになっていていいと思うんです。

よくある老後計画の本って、サラリーマン家庭をモデルにしていることが多いですし、「自営業者」といっても「クリエイター」ではなく「お店経営者」とかを対象にしていると思しきケースがほとんど。

フリーランス(自営業)のクリエイターだって年をとるのに・・そういった人向けのな老後計画本って今までほとんどなかったんですよね。

まあ、仕方ないっちゃ仕方ないのかなという気もします。

「老後にはこれだけ必要だから、何歳の時に月にこれだけもらえるようにするには、今からこれだけ貯金しなきゃいけなくて・・」と、一斉にお仕着せの老後を押し付けられること自体耐えられない!という人も多そうですし。。

ただ、みんながみんな本気で「破天荒な」「明日をも知れぬ暮らし」をしたいわけでもないんですよね。

「体が動くかぎりは働くことになるんだろうなあ」と思いつつも、「いざという時のことは考えたいなあ(でも面倒)」と思っているフリーランスさんにとっては、この本、すごく読みやすい本だと思います。

ただ、実際のお金のやりくりの面については、ケースバイケースなので、そんなに参考にならないかな・・。

「未来を思い描いて、それに向かって最低限やるべきことをやっていく・・」という姿勢と、必要最低限の手続きや仕組みがわかる本です。

読んでも頭痛くなるような本じゃないのでお金アレルギーの人でも安心して読めると思いますよ。

 

マンガ 自営業の老後

ABOUTこの記事をかいた人

老後を考え始めたアラフィフ。 IT企業勤務を経て、コンテンツ制作・ライターなど自営業歴20年。 自営業の夫と都内で二人暮らし。超高齢化社会を楽しく快適に暮らすためのサービスや商品に興味があります。