地域包括ケアシステムについて地域のセミナーで勉強してきました

イメージ画像

「母さん、ごめん」を読んで地域包括ケアシステムの存在を初めて知りました。

地域包括ケアシステムというのは、生活や身体にいろいろと困難を抱えていても、本人の希望する生活をすごせるよう、色々なサービスを提供してくれる地域のシステムのこと。

一方的に援助してもらうというのではなく、

  • 自助(自分でできることは自分でやる)
  • 互助(ボランティアや地域の助け合い)
  • 共助(保険制度)
  • 公助(行政による保険福祉サービス)

の4本柱で、支えていく仕組みのことなのだそうです。

遠距離で暮らす夫や自分の両親たちがいずれお世話になることもあるかと思い、自分の居住地域のセミナーに行ってみたのです。

都内某地域の高齢者施設のセミナールーム。

セミナールーム

ケアマネージャーさんによるお話がはじまりました。

私の居住地域でも、団塊世代が75歳を迎える2025年ごろまでに、なるべく最後まで住み慣れた地域でくらしていけるように、住まいや医療や生活支援を提供してもらえるような仕組みの構築が進められているのだそうです。

たとえば認知症。

2025年には5人に1人が認知症。

軽度認知症(MCI)を入れると4人に1人が認知症になると言われています。

認知症になったといっても、すぐに病院に入って一生そこで暮らすというのはいろんな意味で難しいことが多いと思います。

金銭的にもそうですし、それ以前に、そこまで認知症が進んでいない状況で、そのような施設に入ってしまうことにためらいを持つ人も多いと思います。

助け合うイメージ

そんなときに、医療施設や、在宅ケア、通所ケア、地域のボランティアなど、少しずついろんな人に手を借りながら、なるべく長い間家でいつも通り暮らしていけるといいんじゃないかな・・ということのようです。

まあ、理想論だけではなく、年々高齢者の数が増えているので、病床足りないよ、できればみんな、家でがんばってよ、ということでもあるのでしょうね・・。

今回集まっていたのは70代くらいの女性が多かったのです。(アラフィフの私はかなりあきらかに最年少。)

自分の将来のためにいろいろ情報収拾に励む姿は見習いたいなと思いました。

自治体は違うので、多少細かい方針や進展具合は違うかもしれませんが、私の親たちにも是非知ってもらいたいシステムだなと思いました。

いざ介護が必要になると否が応でも詳しくなるとは思いますが、事前に知っておけば余計な不安も少しは減ると思うのです。

高齢者イメージ

私の両親たちは今まさに、「将来どうしよう・・配偶者が病気になったら、老老介護になってしまう。そうなったらいったい誰に頼ればいいのか。そろそろ自分で家事などをするのが辛くなってきた。でも老人ホームはまだいやだ・・」といろんな面で葛藤し、めちゃくちゃ心配してるんですよね。。

その葛藤が度を過ぎてきて、母親などは若干鬱気味になっているので心配になるほど。

いくら心配しても、心配は解消されません。

そして、老いからも逃れられません。

助け合いイメージ知ること、一歩を踏み出すこと。

自分と同じようなことでなやなでいる人たちがいることを知ることで、なにか少しでもヒントになるんじゃないかなと思うのですが。。

今度、親たちにも「今の生活を続けられるよう、ちょっと助けてもらおうよ」と説得して、地域包括ケアシステムのことを知ってもらおうと思いました。

今後は、少子高齢化・財政状況から、自助(自分の準備)と互助(助け合い)が大切になってくるようです。

私自身も、今私が暮らすこの場所で、なにか介護や高齢者の方に関してお手伝いしなきゃなと、考えるきっかけにもなりました。

自分の親が遠距離で見知らぬ方にお世話になっていくでしょうし、いずれ自分も誰かの世話になることでしょうから。

自分がどこかで受けた恩を他の誰かに返す・・・そんな「ペイフォワード」的な考え方も必要なのかなと、思いました。

 

お住いの地区の、地域包括ケアシステムについては、地域名+地域包括ケアシステム、で検索すると担当の部署にたどり着くと思います。

各自治体によっては、様々な講座を行なっていることもありますので、興味があれば聞いてみるのもいいでしょう。

また、ご高齢のご家族のことで心配なことがあるときは、まずは地域包括ケアシステムに相談してみるのもありかと思います。

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

老後を考え始めたアラフィフ。 IT企業勤務を経て、コンテンツ制作・ライターなど自営業歴20年。 自営業の夫と都内で二人暮らし。超高齢化社会を楽しく快適に暮らすためのサービスや商品に興味があります。